いつでも便利に、はがき印刷.com

名刺の準備

1.名刺は相手の分身ですから丁重に扱い、常に胸より上の位置で取り扱います。

2.名刺は名刺入れに入れます。
 名刺を財布や定期入れに入れるのはやめましょう。
 また、できれば、名刺入れは、2つ携帯しましょう。
 ひとつはいつも使うもの、もうひとつは忘れた場合の予備のためカバンに入れておきます。

3.名刺入れは、革製のものを持ちましょう。また、中はしきりがついているものが良いです。奥に自分の名刺、いただいた名刺は手前に入れます。
 入れる場所が一箇所しかないと、いただいた名刺と自分の名刺が混ざるので要注意です。
 基本的に、名刺は両手で取り扱います。

名刺交換

1.訪問者の方から、相手の顔を見ながら自分の社名と氏名を名乗ります。

2.応対者も相手の顔を見ながら自分の社名と氏名を名乗ります。

3.相手が読める向きにしてお互い右手で名刺を差し出します。(名刺入れに反対向きにして入れておくとスムースです)
 このとき、自分の名刺が相手の名刺より必ず下にしましょう。

4.相手の名刺は、「頂戴いたします」と言って、名刺入れで両手で受け取ります。

5.相手の会社名、名前を確認します。

6.商談であれば、着席後、いただいた名刺は名刺入れの上に乗せ、自分の左斜め前方に置きます。
 相手が複数いる場合は役職の一番上の方を名刺入れの上に乗せ、他の方の名刺は机に直接置いてもかまいません。
 顔と名前を一致させるため、相手と対応するように配置します。

閉じる

Copyright © 2013 PRINT HOUSE Co.,Ltd. All rights reserved.